NEWS
  • HOME »
  • NEWS »
  • NEWS

NEWS

映画「舞妓はレディ」が福岡・博多座で初ミュージカル化

映画「舞妓はレディ」が、2018年3月に福岡・博多座で初ミュージカル化。 「舞妓はレディ」は、周防正行原作・脚 …

7/8『バトン』発売記念イベントにて、先行発売決定!

7/8(土)、M’s Cantina (エムズ・カンティーナ)にて開催する「種ともこ 『バトン』発売記念イベン …

『種ともこ 30th Anniversary Special Page』閉鎖のお知らせ

2016年初頭から本サイト内にて公開中の『種ともこ 30th Anniversary Special Page …

デビュー30周年記念ロング・インタビュー番外編掲載

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』をご愛読いただきありがとうございます。
vol.9でエンディングを迎えた本編に続きまして、2016年11月から2017年1月にかけて本サイトを通じてファンのみなさんからお寄せいただいたご質問に種ともこがお答えするアンコール企画をアップします。
たくさんのご質問、感謝しております。その中から種ともこがすべて目を通した上で厳選し、真剣に返答させていただきました(ご紹介できなかったみなさん、ごめんなさい)。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

デビュー30周年記念ロング・インタビューvol.9掲載

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第9回をアップ致します。
「恋愛三部作」―制作を中断しながら東日本大震災をきっかけに完成に至った第1弾『Uh Baby Baby』(2011年)、突き抜けた開放感の中に緊張感をあわせ持つ第2弾『True Love Songs』(2013年)、完結編にして種ともこポップスの金字塔『Love Song Remains The Same』(2015年)―を中心に、全編ピアノと歌のみによる「恋愛三部作」のスピンオフ『家のピアノ』(2014年)など、自身が「波乱二万丈」と語った2010年から2015年を大いに語っています。さらには、種ともこがこれまでに参加して来たコンピレーション作品にも触れてみました。
ついにエンディングを迎えるロング・インタビュー、「最高で感動の」最終回となりますでしょうか。最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編 vol.3掲載

特別編の最終回として、映画監督の周防正行氏との対談を掲載いたします。種ともこがエンディング曲「遠く、そして近く」の作詞と歌唱を手がけた『終の信託』(2012年)、同じく作詞、歌唱指導、京都弁指導を担当した『舞妓はレディ』(2014年)を中心に、リーダーシップ論や変化を続けることの大切さなど、熱く、深く語り合っています。 映画と音楽―フィールドは異なれど、お互いに対するリスペクトが感じられる、特別編の最終回に相応しい濃密な対談になりました。

デビュー30周年記念ロング・インタビューvol.8掲載

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第8回をアップ致します。 少数精鋭でシンプルな世界を追求した『カナリヤ』、フレッシュでバラエティ豊かな『おひさま』という意欲作をリリースするもレーベルが倒産。完全自主制作に移行して、ソニー以降の名作選『カナリヤとおひさまとそれから』と実験精神あふれる童謡カヴァー・アルバム『雪月花』をリリースした2005年から2009年を中心に、デビュー20周年記念セルフ・カヴァー・アルバム『ウタイツガレルウタ』や新たな層にアピールしたアニメ『ガサラキ』『トリニティ・ブラッド』のテーマ曲、映像と音楽のコラボレーションによるライヴ・シリーズ『VISION & PIANO』についても語っております。

『種からつなげよう』募金先、「石巻日日こども新聞」2名のこども記者が渡英します。

『種からつなげよう』のサイト「メッセージ」にてお知らせしておりましたが、第10回募金先「石巻日日こども新聞」(発⾏:⼀般社団法⼈キッズ・メディア・ステーション、太⽥倫⼦代表)の2名のこども記者(中学3年⽣)が、ケンブリッジ嘉悦⽂化センター(英国ケンブリッジ市、ピーター・ロバーツ センター⻑)の招聘により、同センター主催「2017 年ジャパン・デー(3 ⽉18 ⽇開催予定)」にて、東⽇本⼤震災の経験についてのプレゼンテーションを⾏うため渡英します。

デビュー30周年記念ロング・インタビューvol.7掲載

『Locked in Heaven』(1997年)を最後に、ソニー・ミュージックとの契約が終了し、自主的に活動して行くことを決意した種ともこ。 第二子の妊娠中に企画が浮上、初めて他人が書き下ろした楽曲を歌った新境地『hetero』(1999年)、アーティスト廃業の危機から一転、種ともこ流ポップスの王道を追求した初インディーズ作『in』『out』(2003年)、紆余曲折の末に制作の主導権を勝ち取ったソニー時代の集大成『GOLDEN☆BEST 11YEAR’S WORKS』(2003年)について語っております。

種ともこ30周年アニバーサリー企画『こんどは、電子書籍!?』

種ともこ30周年アニバーサリー企画『こんどは、電子書籍!?』 種ともこの旧著作の 「おおきなもの—Tomokoからの風景」 「ちょっと異邦人になりにいく」 の2作品が電子書籍化されます。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 種ともこ Official website All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.