『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信記念 座談会

  • HOME »
  • »
  • 『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信記念 座談会

『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信記念 座談会

ハイレゾ座談会

 

2015年10月発売の種ともこの最新アルバム『Love Song Remains The Same』のハイレゾ音楽配信(96kHz/24bit)が1月27日から始まりました。
デビュー30周年イヤー企画の第一弾、さらにキャリア初となるハイレゾ配信を記念して、種ともこ本人と同作品をともに作り上げた共同プロデューサーの菅原弘明、ミキシング・エンジニアの松本大英両氏がCDとハイレゾ音源とを聴き比べながら行った座談会の模様をここに掲載致します。
なお、当日は収録曲をCD→ハイレゾの順番で試聴し、1曲ごとにその感想を3人に語ってもらいました。
既にCDでお楽しみ頂いている皆さんにも、さらに踏み込んだ音楽の楽しみ方の一つとしてご興味をお持ち頂くきっかけになれば幸いです。

出席:
種ともこ
菅原弘明(『Love Song Remains The Same』共同プロデューサー)
松本大英(『Love Song Remains The Same』ミキシング・エンジニア)

日時/場所:
2016年1月10日 三軒茶屋・STUDIO BLAN(協力:大城歳礼)

再生機:
AK380+CRADLE
協力:株式会社アユート
http://www.iriver.jp/products/product_112.php
Monitor Selector Current CSP349
Speaker musikelectronics geithain RL901K

M1 Love Song Remains The Same
M2 三日月
菅原: ハイレゾだと奥行きを感じましたね。「Love Song…」はアコギも歌も臨場感があって、アコギの弦が爪に当たる感じが聴こえるかな、と。リップ・ノイズも生々しくていいですね。あと、コーラスの立ち位置がすごく分かる。
種:それはあるかも。
菅原:「三日月」は別もののようにハイレゾの方がいいような気がしちゃうんだよね。
種:最後の方、音がいっぱい入ってるところとか、CDだと歪みが増えて来ると歌も一緒に歪んでるみたいに聴こえるけど、ハイレゾではそういう感じがないな。
菅原:固まってたのが、分離して聴こえる感じ。
種:あと、ベースラインが見えやすかったかな。
松本:そうですね。低域がかなり違いますね。
菅原:重心が下がってるんですね。すごく繊細に楽器が重なってて、お互いが絶妙に絡み合ってるのが、ハイレゾだとちゃんと再現されてるんだけど、CDだと倍音が抜けてるせいか、聴こえてないところがあるから、絡み合いが何かね…。
松本:高域にも余裕が出てる感じがしましたよね。
種:あと、最後のブレイクでディレイが飛ぶじゃないですか。あれがちゃんと聴こえて次につながるんですよね。CDだと一瞬あそこで音が消えてギターが始まるから、リズムが切れる気がしたんですけど、ハイレゾだとそう感じなかった。

M-3 Two of us
菅原:いい曲だね…(笑)。これはすごく分かりやすいですね。入ってる音が全部分かるしね。まず歌が違いますね。
松本:歌のてっぺんがすごく気持ちいいですね。
種:始まった瞬間に違うってことですね。とにかく、減衰して行く音のバランスでアレンジが組立ててあるじゃないですか。そのアレンジの意図がハイレゾの方が見えるっていうのがあるんじゃないですか。一方の音が沈んで行って、別の音が出てくるっていうようなのが…その境いめがCDだとちょっと分かりづらいけれども、そこがすごく見えるから、綺麗に聴こえますよね。
菅原:そうですね。寄せては返す感じが再現されてますよね。あと、ベースが粘っこく感じるね。
松本:そうですね。

M-4 謝んなさいよ
菅原:ハイレゾの方がレンジは広いけど、なぜかCDの方がポップに聴こえるな、と思ったんだよね、この曲に関しては。
種:あぁ、分かる。
松本:ギュッと固まった感じがあるから…最初、CDの方が曲に合ってるかな、って思いましたけど、サビとかで、プレイヤーがそれぞれいろんなことをやり出すと、その交わりがハイレゾはすごくいいんですよね。ミュージシャン好きにはたまらないっていうか(笑)。
種:確かに。最初聴いた時は、CDの方がいいな、って思ったんだけどね。でも…やっぱり低音なのかな?低音は圧倒的にハイレゾの方がいいから…ベースの音色をよく伝えてるから。
松本:そうですね。グルーヴが激しくなるほど見えるっていうか、伝わる感じはしますね。
菅原:これは箱もののギターだったんだけど、それがよく分かるね。ハイレゾの方が。
種:本当に「ザ・大英ミックス」って感じがしましたね。素晴らしい。

M5 Still in love with you
菅原:これはもう、全然違うね。ハイレゾの方が、曲が丸い感じがしましたね。女性らしい、っていうか…。バランスもよく感じるし、倍音のせいか分かんないんだけど、音がみんな、ハーモニーがきっちり整ってるように感じるんだよね。
種:そうですね。バラードはやっぱり…ピアノの音質が違うと歌も随分違ってるような気がしますよね。

座談会2

M-6 ヒミツを守れる人
菅原:ハイレゾの方がヴィヴィッドな感じがしましたね。
種:不思議なドラムだなぁ、と思って聴いてて(笑)。
菅原:ハイレゾの方が粒立ちがハッキリしてるから、勢いよく聴こえるっていうのかな。
松本:そうですね。ドラムのクレイジーさもすごく分かるっていうか…奥行きも出るんですね、やっぱり。
種:ベースが違う人だから低音の響き方も違うね。
松本:なるほど。そういうことも見えるわけですね。
菅原:ミュージシャンの個性がハッキリ分かる的な…恐ろしい。

M-7 引越通知なし
菅原:ハイレゾが断然いい。フレーズが分かるからね。楽しい感じがしますよ。ギターの音も全然違うなぁ。
種:多分、いろんなものの奥にいるから、CDだと左右されるじゃないですか。それがちゃんと単独で聴こえて来るから。ギターが一番違って聴こえたかな、私も。
菅原:音色がすごく良かったな。
松本:音色がグルーヴを呼ぶ、っていうか…グルーヴィに聴こえましたね。
菅原:ギター・ソロの音色がすごい良くて。CDだと、何かちょっとカスッてるのかな?って思ったけど、ハイレゾで聴いたら、「あっ!すごくいい!」みたいな感じで…カッコよかったなぁ。

M-8 Onkalo
菅原:最初のアコギと歌のところがすごくよかったよね、ハイレゾの方が。あと、この曲って、シンセの音色とかも吟味して入れてるんですけど、それが分かって、不気味さが増してよかった。あと、マニアックなリヴァーブ感も見えたから…。
松本:そうですね。雰囲気っていうか、音楽的なところが。
菅原:音色とかにすごく気をつけて作った曲には、やっぱりハイレゾの解像度はいいですよね。
松本:ありがたい!って感じですよね(笑)。ドラムがバッと入って来たところなんか、CDでも、カッコいいなこれ、って思ったんですけど、ハイレゾ聴くと、その解像度のよさで全てが見えるっていうか…さすが!っていうか。
種:これはもうアレンジがいいですよね!
菅原:ありがとうございます。ライヴで演りたいなって…(笑)。
種:頑張ります!すみません、本当に(笑)。

M-9 ずっとね
菅原:いいですね、やっぱり。真ん中の「ランラランラ…」の部分がすごく違って聴こえた…何だろう?
種:ギターの倍音なんじゃないですかね。ギターがすごく聴こえてるから、それがキラキラ…ってなってる感じが。
菅原:そうだね。
種:あと、やっぱりスネアの音が違うっていうのは思いましたけど。
菅原:CDだとちょっと膜がかかってる…っていうか、コンプがかかったような印象だったのが上に伸びてるからかな。
種:倍音がよく聴こえてる感じがする。
菅原:あと、この曲って、いろんなニュアンスで歌ってるじゃないですか。それが分かるな、って思いましたね。
松本:いいアレンジ。
菅原:ライヴだともうちょっと遅いんですよ。このテンポだとアルペジオ弾くのがすごく大変で…でも、ほぼ弾けてたからよかった(笑)。

M-10 岩手山
菅原:全体的に艶っぽい印象があるな。歌がまず、一発目の飛び出しが速い。あと、シンバルのタッチが綺麗ですよね。
種:バシャバシャしないからいいですよね。何か、ピアノのいろんなところが気になっちゃって…(笑)。ライヴで演ってる間に違うふうに弾いてるところが結構あって、それもさっきからチェックしてたんですけど…いろんな曲で。
菅原:俺も勘違いしてるフレーズが多い(笑)。
種:やっぱり(笑)!「アッ!」っていうのが結構あった。
菅原:弦もすごくよかった。ふくよかさが違う。
松本:この曲はハイレゾのよさが感じられる音が次から次に出て来るから。最初のピアノから、シンバル、弦が来て…。
菅原:この曲は一番ヴィジュアルを考えながらアレンジしたんですよ。だから、風景がこう来て、そこに雲雀が、って歌詞が来たら場面をちょっと変えるとか、そういうことを考えながらやってたんだけど、その意図がちゃんと見えてるな、と。
松本:映像的ですよね。
菅原:そう、映像的に作ったのが、さらに映像的に再現されてるな、という印象ですよ。

M-11 愛と恋のためにココロはある
菅原:低音感の違いが…柔らかく感じる、
種:あと、フェイザーが…これがやりたかったんだっていう気がするな。CDだとちょっとガサツな感じがして。
菅原:多幸感がね。
種:静かな広がりがありますね…狙ってたのはこれだ、って感じ。
松本:そうですね。CDを聴いてる時はフェイズって変わるのかな?って思ってたけど、変わりますね、やっぱり(笑)。全然違いましたね。
菅原:きめ細かいからかな。
松本:ウネりも細かく解像されて、流れもハッキリ、滑らかに見えるんですよね。あと、ベースが違うから、そこに乗るフェイザーも違うんですね。
菅原:CDだとベースの減衰が速いような気がするんだけど、こっちは解像度が高いせいか…。
松本:フレーズのニュアンスまで見える気がしますね。
種:相当違うな、これは。
菅原:最後の恋愛原理主義的なフェイザーも含めていい感じになってました(笑)。

総評
菅原:本当に制作側の意図がちゃんと再現されてますよね。特に音数の多いアレンジの場合は、微妙に絡み合うようにすごく練って作ってるんだけど、それが再現されてないと、何か音が多いね、ってことで終わっちゃう恐れがあるな、って…CDだとちょっと感じたね。ハイレゾで聴くと、こう絡んで、こういう意味があるんだ、って伝わるように思いましたね。全体的にやっぱりハイレゾの方が勝ってはいるんだけど、ただ「謝んなさいよ」はちょっとザラッと、ローファイな音を志向してるから、CDも悪くなかった。
松本:CDで聴いて、曲がいいっていうことは最初に伝わるんだけど、ハイレゾと聴き比べると、広がりや膨らみっていう、いい面ばかりが目立ちますよね。
種:今回、録音から96kHzだったから、ストレス・フリーでしたよね、いろんな意味で。全てが速かったから。それは音作りで悩む時間があんまりなかったってことじゃないですか。
菅原:あんまり悩まず、電車道のように(笑)。
種:CDを買った人もダウンロードして聴く価値は十分ありますね。
松本:iTunes Storeからもダウンロードして欲しいですけど…いろんな環境で聴き比べるのもまた楽しい。それぞれ楽しみ方があるんですよね。
菅原:CDで聴くと、曲のよさとかがすぐに伝わると思うんだけど、ハイレゾだと、曲のよさ以外にも、歌のよさだとか、声のよさだとか、音質のよさだとか、音の質感とか…。
種:世界観とかですかね。
菅原:そうだね。楽器のプレイとかアレンジの細かいところまですごく分かるな、っていうか…。
松本:家のテレビで観る映画と、映画館で観る映画と…それほどの差って言っていいのか分からないけど…。
種:でも、そういうことじゃないですか。
松本:じゃあ、iTunesはスマホで観る感じですか(笑)。脚本のよさは分かるけど、何をしたかったかは…みたいな(笑)。
種:そういうこと。今、めちゃくちゃいいこと言いましたね!そうそう。スマホと家のテレビと映画館。それぞれ楽しみ方はあるけど、こうやって聴くとなかなか戻りにくいですね。
菅原:現状は聴く方法が周知されてないのが悩ましいところだね。配信だけでなく、ポピュラーなパッケージとかとして、より広いユーザーに触れ合える機会を持ってもらうにはどうしたらいいか、まだまだ課題はありそうだね。

構成:種ともこスタッフ

主なハイレゾ配信サイト:
mora http://mora.jp/package/43000011/4538182602287_F/?fmid=newRelease_hrs_0001

e-onkyo music http://www.e-onkyo.com/music/album/bud4538182602287/

VICTOR STUDIO HD-Music  http://hd-music.info/album.cgi/8842

OTOTOY  http://ototoy.jp/_/default/p/59056

groovers  http://www.groovers.co.jp/mqs/album/detail/LOTUZ3D

newalbum5_bunner
tanekara_T_b
utatane_bn
tanekara_bn

30th Anniversary

デビュー30周年にあたって、種ともこからのメッセージ

種ともこ、この年末をもちましてデビュー30周年となります。
これってホントにワタシの音楽を聴いてくださる皆さまのおかげです。
まずはお礼を言わせてください。
ありがとうございます!
それから、ワタシが音楽を届ける作業に力を貸してくれた全てのミュージシャン、スタッフにもお礼を言わせてください。
ホントにお世話になりました&なってます。

死ぬまで音楽創っていたい。いい音楽を創っていたい。これが今の私の願いです。

あっという間の30年間でした。ってことは楽しい30年間でした。楽しい時間は早く過ぎますもの。

この30年を記念して、あれこれ楽しい企画を考えております。
皆さまのお財布を休ませません!
楽しみにしていてね。覚悟していてね。

2015.12.19
種ともこ

種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 番外編

vol.9でエンディングを迎えた本編に続きまして、2016年11月から2017年1月にかけて本サイトを通じてファンのみなさんからお寄せいただいたご質問に種ともこがお答えするアンコール企画。
たくさんのご質問、感謝しております。その中から種ともこがすべて目を通した上で厳選し、真剣に返答させていただきました(ご紹介できなかったみなさん、ごめんなさい)。
どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。


ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.9

「恋愛三部作」―制作を中断しながら東日本大震災をきっかけに完成に至った第1弾『Uh Baby Baby』(2011年)、突き抜けた開放感の中に緊張感をあわせ持つ第2弾『True Love Songs』(2013年)、完結編にして種ともこポップスの金字塔『Love Song Remains The Same』(2015年)―を中心に、全編ピアノと歌のみによる「恋愛三部作」のスピンオフ『家のピアノ』(2014年)など、自身が「波乱二万丈」と語った2010年から2015年を大いに語っています。さらには、種ともこがこれまでに参加して来たコンピレーション作品にも触れてみました。
ついにエンディングを迎えるロング・インタビュー、「最高で感動の」最終回となりますでしょうか。最後までごゆっくりお楽しみ下さい。
vol_9_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編 vol.3

特別編の最終回として、映画監督の周防正行氏との対談を掲載いたします。種ともこがエンディング曲「遠く、そして近く」の作詞と歌唱を手がけた『終の信託』(2012年)、同じく作詞、歌唱指導、京都弁指導を担当した『舞妓はレディ』(2014年)を中心に、リーダーシップ論や変化を続けることの大切さなど、熱く、深く語り合っています。
映画と音楽―フィールドは異なれど、お互いに対するリスペクトが感じられる、特別編の最終回に相応しい濃密な対談になりました。
talksp_3

対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.8

少数精鋭でシンプルな世界を追求した『カナリヤ』、フレッシュでバラエティ豊かな『おひさま』という意欲作をリリースするもレーベルが倒産。完全自主制作に移行して、ソニー以降の名作選『カナリヤとおひさまとそれから』と実験精神あふれる童謡カヴァー・アルバム『雪月花』をリリースした2005年から2009年を中心に、デビュー20周年記念セルフ・カヴァー・アルバム『ウタイツガレルウタ』や新たな層にアピールしたアニメ『ガサラキ』『トリニティ・ブラッド』のテーマ曲、映像と音楽のコラボレーションによるライヴ・シリーズ『VISION & PIANO』についても語っております。
vol_8_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.7

『Locked in Heaven』(1997年)を最後に、ソニー・ミュージックとの契約が終了し、自主的に活動して行くことを決意した種ともこ。
第二子の妊娠中に企画が浮上、初めて他人が書き下ろした楽曲を歌った新境地『hetero』(1999年)、アーティスト廃業の危機から一転、種ともこ流ポップスの王道を追求した初インディーズ作『in』『out』(2003年)、紆余曲折の末に制作の主導権を勝ち取ったソニー時代の集大成『GOLDEN☆BEST 11YEAR’S WORKS』(2003年)について語っております。
vol_7_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編 vol.2

特別編として、1991年のアルバム『KISS OF LIFE』から『Locked In Heaven』、さらにデビュー20周年にとして2006年にリリースされた『ウタイツガレルウタ』にディレクター、プロデューサーとして関わられた河合誠一マイケルさんとの対談を掲載致します。
アーティストとスタッフという関係を超えた自然な繋がりが感じられる、絶妙な二人のやり取りをどうぞお楽しみ下さい。
talksp2

対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.6

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第6回をアップ致します。
1995年にデビュー10年目を迎えた種ともこ。同年に新曲をライヴ・レコーディングした『感傷』、さらに1997年にはポップかつアグレッシヴな新局面を示した『Locked in Heaven』をリリースするなど、相変わらず精力的な活動を展開する一方で、同作を最後にデビュー以来所属して来たソニー・ミュージックを離れることになります。
vol_6_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.5

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第5回をアップ致します。
アルバム『音楽』(1990年)でさらなる到達点に達すると同時に、新たな制作環境の模索やスタッフの交代など、節目を迎えた種ともこ。
1991年、完全セルフ・プロデュースで制作された『KISS OF LIFE』、1993年、最新機材の導入により実現したホーム&スタジオ・レコーディングの充実作『Mighty Love』、そしてポップで粒ぞろいな楽曲が詰まった1994年の『HARVEST』が今回のテーマとなります。
vol_5_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.4

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第四回をアップ致します。
1985年12月にCBSソニー(当時)からデビューし、武部聡志さんプロデュースのもと、3枚のアルバムを制作。
そしてコンピレーション・アルバム『ベクトルのかなたで待ってて』を挟んで、ついに激動のセルフ・プロデュース期へと突入します。今回はその初期3作品『O・HA・YO』『うれしいひとこと』『音楽』に焦点を当てて、ざっくばらんに語っております。
vol_4_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編

ご好評頂いております『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』、幼少期に始まり、CBSソニーからのデビューを経て、アルバム『Che Che-Bye Bye』の完成までたどり着きました。
今回は特別編として、デビュー・シングル「You’re The One」から3作目となる『Che Che…』までのプロデュース/アレンジを担当された武部聡志さんにお忙しい中お時間をいただき行いました対談を掲載致します。


対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.3

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第三回をアップ致します。
1985年12月21日、シングル「You’re The One」でCBSソニー(当時)からめでたくデビュー!
アーティストとアレンジャーという立場を超えた実り多い師弟関係を築くことになった武部聡志さんとのコラボレーションが冴えわたる初期の三作『いっしょに、ねっ。』『みんな愛のせいね。』『Che Che-Bye Bye』(+『ベクトルのかなたで待ってて』)に焦点を当てて、今回もざっくばらんに語っております。
interview03_photo01

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.2

先月からスタートしました『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第二回をアップ致します。
今回は同志社大学入学後からデビュー直前まで、”アーティスト”種ともこにとって重要と思われる時代についてざっくばらんに語っております。
vol.2_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.1

種ともこ、祝・デビュー30周年!…ということで、アニバーサリー・イヤーの2016年12月まで、約1年にわたって、スペシャル・インタビューを掲載致します。
アーティスト活動はもちろん、生い立ちから音楽との出会い、学生生活、デビューへの道のり…などなど、当時の写真も交えて、ざっくばらんに種ともこのこれまでを振り返ってお送りする予定です。
vol.1では、種家のルーツに始まり、大学受験までを語っております。
vol1_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ 30thイヤー!スターティング・イベント ~ 30年いっしょに、ねっ!

種ともこデビュー30周年を記念した、秘蔵写真などの展示、映像上映、トークショーなどの、30周年イヤー!スターティングイベント「種ともこCafe」及び「種ともこ記念トークショー&チャリティーオークション」を、3/31(木)から4/2(土)の期間内で、駒沢大学駅徒歩1分にあるイベントスペース<エムズ・カンティーナ>にて開催いたします。是非!この機会にあなたが知らなかった種ともこに逢いに来てください。皆様のお越しをお待ちしております。
flyer

イベントの詳細はこちら


『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信開始

昨年10/21に発売されました種ともこの最新作『Love Song Remains The Same』のハイレゾ音楽配信(96kHz/24bit)が始まりました。種ともこが打ち立てた”金字塔”を高音質でお楽しみになりたい方は各ハイレゾ配信サイトへGO!

主なハイレゾ配信サイト
mora
e-onkyo music
VICTOR STUDIO HD-Music
OTOTOY
groovers


『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信記念 座談会

2015年10月発売の種ともこの最新アルバム『Love Song Remains The Same』のハイレゾ音楽配信(96kHz/24bit)が1月27日から始まりました。
デビュー30周年イヤー企画の第一弾、さらにキャリア初となるハイレゾ配信を記念して、種ともこ本人と同作品をともに作り上げた共同プロデューサーの菅原弘明、ミキシング・エンジニアの松本大英両氏がCDとハイレゾ音源とを聴き比べながら行った座談会の模様をここに掲載致します。
座談会の記事はこちら


《種ともこ デビュー30周年企画第1弾》
『Love Song Remains The Same』高音質音楽配信(ハイレゾ音楽配信)決定!!

love_song_remains_the_same_x250_

2015年10月21日に発売されたばかりの”恋愛三部作”完結編『Love Song Remains The Same』。種ともこ本人が「金字塔」と断言する絶対的自信作の(ハイレゾ音楽配信)(24bit/96kHz。通常CDは16bit/44.1kHz)が決定しました!

配信開始日は2016年1月27日の予定。配信サイト等の詳細は追ってお知らせ致します。どうぞご期待下さい。


PAGETOP
Copyright © 種ともこ Official website All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.