種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.8

  • HOME »
  • »
  • 種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.8

種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.8

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第8回をアップ致します。
少数精鋭でシンプルな世界を追求した『カナリヤ』、フレッシュでバラエティ豊かな『おひさま』という意欲作をリリースするもレーベルが倒産。完全自主制作に移行して、ソニー以降の名作選『カナリヤとおひさまとそれから』と実験精神あふれる童謡カヴァー・アルバム『雪月花』をリリースした2005年から2009年を中心に、デビュー20周年記念セルフ・カヴァー・アルバム『ウタイツガレルウタ』や新たな層にアピールしたアニメ『ガサラキ』『トリニティ・ブラッド』のテーマ曲、映像と音楽のコラボレーションによるライヴ・シリーズ『VISION & PIANO』についても語っております。
そろそろ大詰めに差しかかるロング・インタビュー、今回もごゆっくりお楽しみ下さい。

構成:種ともこスタッフ

vol.1はこちらから
vol.2はこちらから
vol.3はこちらから
vol.4はこちらから
vol.5はこちらから
vol.6はこちらから
vol.7はこちらから
特別編vol.1はこちらから
特別編vol.2はこちらから

Chapter 1. 『ガサラキ』(「MESSAGE #9」「LOVE SONG」)『トリニティ・ブラッド』(「Broken Wings」「Let me hear」)―新たな層に訴えた重要作

message9 ot_003
―今回は種さんのキャリアで異色かつ重要だと思われるアニメーション作品への提供曲について、最初にうかがいたいと思います。まずは1998年の『ガサラキ』ですが、種さんにはどのような経緯で打診があったんですか?
種:1994年に『ぼくの地球を守って』のサウンドトラック用に「The Moonlit Song」を作詞したんですけど、その時のレーベル(ビクター)からご連絡をいただきました。

―主題歌の「MESSAGE #9」、エンディングテーマの「LOVE SONG」ともに種さんは作詞と歌唱を担当されていますけど、最初からそのようなお話があったんですか?
種:そうです。2曲とも歌ったことがない曲調だったので、すごく面白かったですね。

―アニメには今も根強いファンがいらっしゃるようですね。
種:デビュー30周年記念アルバム『DAILY BREAD』(2016年)を作るきっかけの1つにもなりました。「聴きたいけど、どのアルバムにも収録されていない」という声をいただいてましたから。この曲で種ともこを知ってくれた人も結構いるんじゃないかと思います。

―2005年にはアニメ『トリニティ・ブラッド』の主題歌と挿入歌を担当されましたね。
種:「Broken Wings」は江口貴勅さんの作曲で私は作詞と歌唱、「Let me hear」は私が作詞、作曲、歌唱を担当していて、実はコンペで最終まで残ったのがこの2曲だったんです。結果的に主題歌は「Broken Wings」に決まったんですけど、「「Let me hear」もいいので劇中歌として使いたい」というお話をいただきました。

―『ガサラキ』での印象が強かったために種さんに声がかかったのでしょうか?
種:ビクターの同じスタッフからお話をいただきました。その頃、海外での放映も視野に入れたアニメが出始めていたので、英語で作詞が出来て歌えるのが1つのポイントだったと思うんです。今でもYouTubeで検索すると、海外のファンが自宅で歌っている動画が出て来て嬉しくなりますね。

Chapter 2. 『VISION & PIANO』―映像と音楽で構築された斬新なライヴ・シリーズ

VISION&PIANO
―それではオリジナルに戻りましょうか。
種:その前に『VISION & PIANO』についてお話しさせてください。ソニーとの契約が終わって、ライヴ経費がかけられなくなった頃に、「小規模の会場でアンプラグドをやったらどう?」というお話をいただいて。ただのアンプラグドではつまらないから、「映像といっしょにやりたい」って言って、以前から知っていた映像作家の小川(竜朗)くんと組んで2001年に始めたんです。

―映像は楽曲のテーマに合わせたものだったんですか?それとも小川さんが自由に作られたのでしょうか。
種:お任せのコーナーとこっちからリクエストしたものに分けました。ピアノと歌に加えてプログラミングも使っていたので、そこから効果音を出して映像と完璧に同期させたりして。

―まさに映像と音楽のコラボレーションですね。
種:メッチャ凝ってましたよ!小川くんとは何回も議論しながらやったんですけど、最終的にすごく構築されたものになりました。あと、単純にピアノを弾いて歌うんじゃなくて、映像が見えるように演奏したい、って意識するきっかけになったかも知れません。2004年まで続いたんですけど、当時としては他に類を見ないものをやり切った気がしています。

Chapter 3. 『カナリヤ』―少数精鋭で閉じられた世界を表現

カナリヤ
―そして『カナリヤ』(2005年)ですが…この時にスタッフが代わったんですよね?
種:『HARVEST』(1994年)の頃から関わってくれたマネージャーと意見が合わなくなって、突然辞めてしまったんです。もう『カナリヤ』を作り始めてたんですけど、それが原因でリリースも白紙になってしまって。それでも、とにかく自宅やプロデューサーの伏島(和雄)さんの家でレコーディングは続けることにしました。

―その時期にインフィニティというレーベルが登場するわけですね?
種:誰の仲介かは覚えてないけど、とにかく紹介されたんです。

―『in』『out』から2年開くことになりましたね。本当はもっと早くリリースしたかったんでしょうけど、レコーディングしながら新しいメーカーやスタッフを探さなくてはならなかった。
種:かなり頑張りましたけどね。「何がどうあろうと、とにかく出すんだ!」って思ってたので。金銭的な不安もありましたけど、マスタリングにはこだわりたいからスターリング・サウンドに自分でコンタクトを取って。でも、ニューヨークまで立ち合いに行けないので、音源データをネットでやり取りしてマスタリング…時代的にそういうやり方の走りでしたね。プログラミングも1人でやって、あえて世界を拡げないで小さいものにする…ということを意識して作りました。石村(順)くんと朝倉(真司)くんにリズムをお願いして、柳沢(二三男)さんにギターを弾いてもらった曲もありますけど、基本はとにかく自分でやる。ヘタクソだけどギターも弾いたし…「悲しくなりたいんだ」とか。自宅で録ってたら、宅急便が来てやり直し(笑)。

―「Let me hear」はアルバム用に新しく録音されています。そうしたかったのか、そうせざるを得なかったのか…どちらでしょうか?
種:両方ですね。ビクターから音源を借りると使用料が派生してしまうことと、シングル・ヴァージョンはアニメで使われることを前提に作られていて、アルバムの世界観にはそぐわないと思ったので。

―特に気に入っている曲は?
種:どの曲と言うよりも全体的によく出来ていると思ってますし、世界観として作りたかったものを作れて嬉しかったです。

―ジャケットはシンプルですね。
種:ひさびさに失敗しました。『HARVEST』とまったく同じことが起きちゃって…私は気に入ってなかったんだけどコントロール出来なかった。「シンプルにしたい」っていう流れからイラストになったところまではよかったんですけど、私が思ってたカナリヤじゃなかった。音に関しては納得いくものが出来たんだけど、ジャケットに関してはごめん。

Chapter 4. 『ウタイツガレルウタ』―こだわりのセルフ・カヴァー集にしてデビュー20周年記念盤

ウタイツガレルウタ
―次は『ウタイツガレルウタ』(2006年)。まず、デビュー20周年を記念して青山の月見ル君想フでマンスリー・ライヴをやることになり、ソニー時代にディレクターだった河合誠一マイケルさんを招いてリハーサルを行うことになったんですよね?
種:結果的にそれがレコーディングに向けたプリプロにもなりました。2005年から2006年はチームが総入れ替えになって、そこへ持って来て「20周年だから何かやろうよ」っていう声もあり…とにかくライヴをやることにはなったんだけど、どうせやるなら何か先につなげたい。でも、いい落としどころが見えなかったから、マイケルさんにまずはライヴの総合プロデュースという形で加わっていただきました。そしたら、彼がソニーの『GOLDEN☆BEST』を出した部署に話をつけてくれて、「ベストを出したら次はセルフ・カヴァーでしょ」って言われました。だから、マンスリー・ライヴと同時進行でCDの企画が固まって行ったんですよね。

―ライヴは何回行われたのでしょうか?
種:6回ですね。マンスリーな上に毎回内容を変えていたので本当に大変でした。

―レコーディングはライヴが一段落着いた頃からスタートしたのでしょうか?
種:おそらく1月〜6月にライヴをやって、ちょっと見直した後にレコーディングっていう流れじゃなかったかなあ。

―収録曲はライヴでの演奏曲からより完成度の高いもの、人気の高いものという観点で選ばれたのでしょうか?
種:基本的にはそうですけど、ライヴで演奏したままではなくて、レコーディングにあたってさらにアレンジし直した曲もあります。そういうの、マイケルさんは大得意なんですよ。

―さらに岩井俊二監督の映画『虹の女神 Rainbow Song』で「The Rainbow Song」を使いたいというお話が舞い込んだんですよね。岩井監督とはそれまでに交流があったんですか?
種:直接面識はなかったんですけど、知り合いから「岩井さんが「The Rainbow Song」が好きで、映画で使いたいと話している」って連絡をもらって…突然だったのですごくビックリしました。最終的に、それもセルフ・カヴァーにしよう、っていうことになって。

―参加ミュージシャンはライヴと同じですか?
種:ライヴはアコースティック編成だったので違います。楠(均)さんの紹介でこの時に初めてベースの鹿島(達也)さんとごいっしょしたんですよね。宮脇哲也さんは篠原美也子さんのバックで弾いていた方で、ライヴで観ていいなあ、と思って参加していただきました。

―ライヴはアコースティック編成とおっしゃいましたけど、CDもどちらかと言うとアコースティック・テイストのサウンドが多いですね。
種:シンプルなバンド編成になってます。

―以前、武部聡志さんとの対談で「1980年代当時はテンポが速かったね」という話題が出ていましたが、確かにこのアルバムではオリジナルよりもゆったりしている曲が多く感じられます。特に「ゲンキ力爆弾」はアンニュイと言うか…とにかくすごい変化ですね。
種:ぜんぜん変えちゃってます。

―メロディーまで?
種:微調整してます。リアレンジするということは、そこに乗っかるメロディーも変わって来るんですよね。オリジナルと同じだとどうしても浮いちゃうんですよ…どんな服着ててもメイクが同じ、みたいな。他にも語尾の長さとかも含めて綿密に詰めたんですけど、自分としてはすごく達成感を感じている部分でもあります。

―「これでは元気が出ない」という声もあったと思いますが…。
種:(笑)すっごく言われた。「不ゲンキ力爆弾」って。

―「瞳のなかの少年」はストリングスが印象的です。種さんがアレンジされたんですか?
種:はい。これは頑張りました。「水の中の惑星」や「Mighty Love」も上手く出来たと思ってます。特に「水の中の…」ではマイケルさんの斬新なアイディアが生かされてます。「ギター1本でか細くやっちゃえよ」みたいな(笑)。

―アートワークは後の「恋愛三部作」を手がけられる外間隆史さんが担当されていますね。
種:『カナリヤ』のようなことはもうイヤだと思いましたし、20周年ということもあったので外間くんにお願いしたら快諾してくれました。

―外間さんとは以前からお知り合いだったんですか?
種:私がデビューした頃、彼は遊佐未森ちゃんのプロデュースをしてて、「種さんの音楽のファンなんです」って言ってくれて、それから仲よくなったんです。ただ、最初に仕事をしたのは2004年の『VISION & PIANO』のDVDでした。

―マイケルさんは「このジャケット、好きなんだよ」っておっしゃってましたね。表に2006年当時の、裏に小学生の種さんの姿があしらわれています。
種:裏表紙の写真に似たドレスを探すところからすべてが始まったんです。これを着てた少女が大人になってこうなりました…というコンセプトが「すごく素敵だね!」ってみんなで話してて。

―これまで過去を振り返らなかった種さんが、デビュー20周年という節目に珍しく懐古してみたアルバムということですね。
種:何周年記念っていうのはこの時に初めてやりましたからね。

Chapter 5. 『おひさま』―制作環境を一新した開放感あふれる自信作

ohisama
―続きましては『おひさま』(2007年)です。『ウタイツガレルウタ』から1年も経っていないですね。
種:曲作りとかプリプロは並行してやってました。だからこの頃はすごく忙しかったですね。

―創作意欲が爆発していた?
種:イケイケだったと思います。離婚しても、スタッフが離れても、「何が何でも曲を作って歌って行くんだ」って。『カナリヤ』は少人数で閉じられた世界を追求したんですけど、今度は方向性も人選も刷新したいと思ってたんです。これまでも私、度々リセットしてるじゃないですか。

―ホッピー神山さんにプロデュースをお願いしようと思ったきっかけは?
種:仲がよかった笹野みちるがホッピーさんといっしょにやってたんですよ。彼女のライヴの打ち上げで、ホッピーさんが「種さんの音楽がすごく好きなんです」って言ってくれて。もちろん私も彼がPINKのメンバーだった時から存じ上げてましたから、プロデュースをお願いしたところ快諾していただきました。その時に「予算はこれだけしかない」ってざっくばらんに話したら、「これからはそういう部分もすべて自分で管理した方がいい」って、採算分岐とか、ミュージシャンに渡すギャラの計算方法とか、スタジオの押さえ方とか…そういった事務的なことを丁寧に教えてくれたんですよ。

―広い意味でのセルフ・プロデュースということですね。
種:武部学校、マイケル学校のあとに何と神山学校があったんです(笑)。

―『おひさま』は全体的にサウンドが外に向かっている感じがしますね。
種:たくさんのミュージシャンと全体を統括するプロフェッショナルなプロデューサーが参加してくれた効果だと思います。

―ホッピーさんには種さん自身でプリプロしてからお願いしたのでしょうか?
種:ピアノだけで歌ったデモテープをお渡ししてました。楽曲ごとの方向性についてはもちろんディスカッションしましたけど。

―「Let’s dance all night」はリズムボックスがスパイスとして効いてますね。流れるようなサックス・ソロも種さんのこれまでの楽曲では聴かれなかったものだと思います。
種:ホッピーさんの作るサウンドって、必ずどこかに毒って言うか、耳を引きつける部分があるんですよね。それってやっぱりすごいことだと思います。

―「おひさま」はかわいらしい曲ですね。
種:実はだいぶ前に作ってたんです。私はすごく好きだったんだけど、当時のスタッフからはシンプル過ぎるからダメって言われたんですよ…このシンプルさがいいと思ってたんですけど。ボツにされた作品に関しては忘れることにしてるんですけど、葬り去るのはもったいないと思って引っ張り出して来たら、ハウス食品のジャワカレーのCMソングに選ばれたんです…CMを作っていた岩井さんの指定で。捨てなくて本当によかったし、いいと思ってたのは私だけじゃなかったのが分かってすごく嬉しかったですね。

―「出町柳」は人気が高い曲ですね。
種:作った時は「やった!」と思いました。

―個人的に気になったのは「FAKE」と「おでん」なんですけど…。「FAKE」はかつての泥沼の夫婦生活を蒸し返しているような内容じゃないですか。この歌詞が書けたのは第三者的に振り返れるようになったということでしょうか?
種:そうですね。

―「おでん」については?
種:これもボツになってた曲なんですよ。「暗過ぎるし、絶望的過ぎる…イヤな気持ちになる」って言われて(笑)。でも、こういう情けない系の曲は得意だし、結果的に話題にもなりましたね。ホッピーさんに褒められたんですよ…「物に例えて自分の心を伝えるのがブルースなんだ」って。

―「恋愛三部作」に共同プロデューサーとして関わられる菅原弘明さんも参加されていますけど、ホッピーさんのご紹介ですか?
種:もちろん。ミュージシャンも一新したかったので、ホッピーさんに一任しました。

―菅原さんのギターは独特の味がありますよね。
種:そういう意味で言うと、あまりミュージシャンっぽくないのかも…ギターを弾くプロデューサーという感じ。プレイヤーとして上手な人はいっぱいいると思うんですけど、曲を色づけするという意味では、非常に面白いものを持ってる方なんですよね。特に「ジョディ」のギターを弾いてもらって、いいな、って思ったんですよ。もともと私が弾いてたのを差し替えてもらったんだけど、楽曲の世界観をすごく引き出してくれて…もっと上手く弾き直すことも可能なんでしょうけど、そこまでは弾いてないんですよね。あと、『おひさま』に関してはジャケットもすごく気に入ってます。

―どういうところがお気に入りですか?
種:質感。『in』『out』に似てるんですけどね。ザラッとしてる。

―随所に登場しているオレンジは何かのモチーフですか?
種:「おひさま」ですね。

―『おひさま』はジャケットにも内容にも納得というわけですね。
種:そういうことです。

Chapter 6. 『カナリヤとおひさまとそれから』『雪月花』―新体制のもとリリースされたソニー以降の名作選とトライアルにあふれた童謡カヴァー集

kanariya setsugekka
―次は『雪月花』(2009年)ですが、『カナリアとおひさまとそれから』も同日リリースですね。
種:『おひさま』の発売後にレーベルが倒産してしまって…商品の在庫が差し押さえられたため、お客さんがCDショップやamazonで購入出来ない事態になってしまいました。「出したばかりなのに売っちゃいけないってどうなの?」と思って、すったもんだの末に『カナリヤ』と『おひさま』の原盤権を譲り受けて、リマスターして復刻しようと考えたんです。そこに『in』からの「守ってあげられないこと」と「Let me hear」のシングル・ヴァージョン、岩井俊二さん脚本のアニメ映画『BATON』の主題歌「伝えて〜pass it on」、あと『6人の女性と2人の男性による、純愛的なアルバム―春―』(2006年)っていうコンピレーションに入っていた「いちばんうつくしいひと」も収録させてもらえるように話をして。そうやって『カナリヤとおひさまとそれから』(2009年)が完成したんですけど、倒産したレーベルの債権者集会で会ったmomentという映像制作集団の寺澤(祐貴)さんの後押しもあって、自分でレーベルを始めようと思っていたので、まず最初にこれを出そうと。

―ここから種さんがレコーディングからデザイン、製造、流通まで一貫して指揮する第2期たまご舎がスタートしたということですね。
種:そうですね。この時に神山学校で教わったことが本当に役に立ちました。こんなにすぐに実践することになるとは思いもよらなかったんですけど、人生ってそういうものじゃないですか。

『雪月花』の自宅でのキーボードダビングと歌入れ。ノイマンの87のコピーモデルのマイクを買って、自分ひとりで録ってエディットしてた。時間かかった。

『雪月花』の自宅でのキーボードダビングと歌入れ。ノイマン87のコピーモデルのマイクを買って、自分ひとりで録ってエディットしてた。時間かかった。

―ただ、『雪月花』ではホッピーさんではなく、新たなアレンジャーと組んでますね。
種:実を言うと、『おひさま』を作ってる時に結構衝突したんですよ。いろいろ学ぶことは学んだし、すごく感謝してるけど、次はまた別の人とやろうと思ってました。TOMZUIN Hさんは『おひさま』にはエンジニアとして参加してたんですけど、プログラミングのセンスがいいと思ったので、彼と打ち込み中心の曲をいくつか、周防義和さんは映画音楽に加えてご自身の作品を作り始めた時期で、聴いてみたら面白かったので彼にも頼みたいということで。加えて自分主導という三本柱でアレンジを割り振って行ったんですね。童謡のカヴァーに関しては、2006年から2008年にファンクラブ会員への配布用CDで発表していました。以前から興味があったのと、配布用ということで、著作権使用料がかからない楽曲という制約があったので。結果的に、それが『雪月花』の壮大なプリプロになったんですよ。

―将来、何らかの形で実を結ぶかも知れない、とも考えていたのでしょうか?
種:その時は具体的なアイディアとしてはなかったんですけど、寺澤さんと話しているうちに『カナリヤとおひさま…』といっしょに正式にリリースしたらどうだろう?っていう流れになって行ったんだと思います。『カナリヤとおひさま…』を聴いた人が最近の種ともこの活動が気になって『雪月花』を聴いてくれたり、『雪月花』で「種ともこってどんなことをやってるの?」と思った人がダイジェストとして『カナリヤとおひさま…』を聴いてくれたら嬉しい、っていう思いもあったんですよ。

―種さんと童謡の関係は、最初は1995年のコンピレーション『春の歌 Sisters Sing Spring』で「おぼろ月夜」をカヴァーした時に遡りますね。いつか童謡のカヴァー・アルバムを作りたいと考えていたんですか?
種:カヴァー自体は面白いと思ってましたけど、それだけでアルバムを作るところまでは考えていなかったですね。でも、配布用CDのために作業を進めて行くうちに、古くから歌い継がれてる歌って、やっぱりメロディーが強いことに気がついたんです。例えば「雪」なんか、私の場合はブツ切りにして歌ってるじゃないですか。それにも耐えうるメロディーの力があるんですよね。

―どの曲もアレンジはもちろん、歌い回しもかなり自由で、「真面目に遊んでみました」という印象を受けます。
種:そうですね。並行して『雪月花』のライヴ・シリーズも何回か行って、その手応えを選曲やレコーディングにフィードバックさせたりして。あと、このアルバムを作った時に、次回は菅原さんに共同プロデュースをお願いしたい、って確信したんですよ。私がアレンジした曲での芳垣(安洋)、鹿島、菅原のコンビネーションが素晴らしくて、このメンツでアルバムを作りたい、って思ったんです。だから、続く「恋愛三部作」に向けたいいステップにもなりましたね。そういう意味では新体制のスタートとして『カナリヤとおひさま…』と同時に発売出来てよかったと思います。

―そして次回はその「恋愛三部作」…とうとう最終回ですね。
種:誰しも人生、波風は立つけど、こうやって話してみると自分の人生も波瀾万丈ですね。でも、ここから波瀾二万丈になるんですよ(笑)。

vol.9につづく。

newalbum5_bunner
tanekara_T_b
utatane_bn
tanekara_bn

30th Anniversary

デビュー30周年にあたって、種ともこからのメッセージ

種ともこ、この年末をもちましてデビュー30周年となります。
これってホントにワタシの音楽を聴いてくださる皆さまのおかげです。
まずはお礼を言わせてください。
ありがとうございます!
それから、ワタシが音楽を届ける作業に力を貸してくれた全てのミュージシャン、スタッフにもお礼を言わせてください。
ホントにお世話になりました&なってます。

死ぬまで音楽創っていたい。いい音楽を創っていたい。これが今の私の願いです。

あっという間の30年間でした。ってことは楽しい30年間でした。楽しい時間は早く過ぎますもの。

この30年を記念して、あれこれ楽しい企画を考えております。
皆さまのお財布を休ませません!
楽しみにしていてね。覚悟していてね。

2015.12.19
種ともこ

種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 番外編

vol.9でエンディングを迎えた本編に続きまして、2016年11月から2017年1月にかけて本サイトを通じてファンのみなさんからお寄せいただいたご質問に種ともこがお答えするアンコール企画。
たくさんのご質問、感謝しております。その中から種ともこがすべて目を通した上で厳選し、真剣に返答させていただきました(ご紹介できなかったみなさん、ごめんなさい)。
どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。


ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.9

「恋愛三部作」―制作を中断しながら東日本大震災をきっかけに完成に至った第1弾『Uh Baby Baby』(2011年)、突き抜けた開放感の中に緊張感をあわせ持つ第2弾『True Love Songs』(2013年)、完結編にして種ともこポップスの金字塔『Love Song Remains The Same』(2015年)―を中心に、全編ピアノと歌のみによる「恋愛三部作」のスピンオフ『家のピアノ』(2014年)など、自身が「波乱二万丈」と語った2010年から2015年を大いに語っています。さらには、種ともこがこれまでに参加して来たコンピレーション作品にも触れてみました。
ついにエンディングを迎えるロング・インタビュー、「最高で感動の」最終回となりますでしょうか。最後までごゆっくりお楽しみ下さい。
vol_9_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編 vol.3

特別編の最終回として、映画監督の周防正行氏との対談を掲載いたします。種ともこがエンディング曲「遠く、そして近く」の作詞と歌唱を手がけた『終の信託』(2012年)、同じく作詞、歌唱指導、京都弁指導を担当した『舞妓はレディ』(2014年)を中心に、リーダーシップ論や変化を続けることの大切さなど、熱く、深く語り合っています。
映画と音楽―フィールドは異なれど、お互いに対するリスペクトが感じられる、特別編の最終回に相応しい濃密な対談になりました。
talksp_3

対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.8

少数精鋭でシンプルな世界を追求した『カナリヤ』、フレッシュでバラエティ豊かな『おひさま』という意欲作をリリースするもレーベルが倒産。完全自主制作に移行して、ソニー以降の名作選『カナリヤとおひさまとそれから』と実験精神あふれる童謡カヴァー・アルバム『雪月花』をリリースした2005年から2009年を中心に、デビュー20周年記念セルフ・カヴァー・アルバム『ウタイツガレルウタ』や新たな層にアピールしたアニメ『ガサラキ』『トリニティ・ブラッド』のテーマ曲、映像と音楽のコラボレーションによるライヴ・シリーズ『VISION & PIANO』についても語っております。
vol_8_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.7

『Locked in Heaven』(1997年)を最後に、ソニー・ミュージックとの契約が終了し、自主的に活動して行くことを決意した種ともこ。
第二子の妊娠中に企画が浮上、初めて他人が書き下ろした楽曲を歌った新境地『hetero』(1999年)、アーティスト廃業の危機から一転、種ともこ流ポップスの王道を追求した初インディーズ作『in』『out』(2003年)、紆余曲折の末に制作の主導権を勝ち取ったソニー時代の集大成『GOLDEN☆BEST 11YEAR’S WORKS』(2003年)について語っております。
vol_7_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編 vol.2

特別編として、1991年のアルバム『KISS OF LIFE』から『Locked In Heaven』、さらにデビュー20周年にとして2006年にリリースされた『ウタイツガレルウタ』にディレクター、プロデューサーとして関わられた河合誠一マイケルさんとの対談を掲載致します。
アーティストとスタッフという関係を超えた自然な繋がりが感じられる、絶妙な二人のやり取りをどうぞお楽しみ下さい。
talksp2

対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.6

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第6回をアップ致します。
1995年にデビュー10年目を迎えた種ともこ。同年に新曲をライヴ・レコーディングした『感傷』、さらに1997年にはポップかつアグレッシヴな新局面を示した『Locked in Heaven』をリリースするなど、相変わらず精力的な活動を展開する一方で、同作を最後にデビュー以来所属して来たソニー・ミュージックを離れることになります。
vol_6_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.5

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第5回をアップ致します。
アルバム『音楽』(1990年)でさらなる到達点に達すると同時に、新たな制作環境の模索やスタッフの交代など、節目を迎えた種ともこ。
1991年、完全セルフ・プロデュースで制作された『KISS OF LIFE』、1993年、最新機材の導入により実現したホーム&スタジオ・レコーディングの充実作『Mighty Love』、そしてポップで粒ぞろいな楽曲が詰まった1994年の『HARVEST』が今回のテーマとなります。
vol_5_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.4

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第四回をアップ致します。
1985年12月にCBSソニー(当時)からデビューし、武部聡志さんプロデュースのもと、3枚のアルバムを制作。
そしてコンピレーション・アルバム『ベクトルのかなたで待ってて』を挟んで、ついに激動のセルフ・プロデュース期へと突入します。今回はその初期3作品『O・HA・YO』『うれしいひとこと』『音楽』に焦点を当てて、ざっくばらんに語っております。
vol_4_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー 特別編

ご好評頂いております『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』、幼少期に始まり、CBSソニーからのデビューを経て、アルバム『Che Che-Bye Bye』の完成までたどり着きました。
今回は特別編として、デビュー・シングル「You’re The One」から3作目となる『Che Che…』までのプロデュース/アレンジを担当された武部聡志さんにお忙しい中お時間をいただき行いました対談を掲載致します。


対談はこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.3

『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第三回をアップ致します。
1985年12月21日、シングル「You’re The One」でCBSソニー(当時)からめでたくデビュー!
アーティストとアレンジャーという立場を超えた実り多い師弟関係を築くことになった武部聡志さんとのコラボレーションが冴えわたる初期の三作『いっしょに、ねっ。』『みんな愛のせいね。』『Che Che-Bye Bye』(+『ベクトルのかなたで待ってて』)に焦点を当てて、今回もざっくばらんに語っております。
interview03_photo01

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.2

先月からスタートしました『種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー』第二回をアップ致します。
今回は同志社大学入学後からデビュー直前まで、”アーティスト”種ともこにとって重要と思われる時代についてざっくばらんに語っております。
vol.2_2

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ デビュー30周年記念ロング・インタビュー vol.1

種ともこ、祝・デビュー30周年!…ということで、アニバーサリー・イヤーの2016年12月まで、約1年にわたって、スペシャル・インタビューを掲載致します。
アーティスト活動はもちろん、生い立ちから音楽との出会い、学生生活、デビューへの道のり…などなど、当時の写真も交えて、ざっくばらんに種ともこのこれまでを振り返ってお送りする予定です。
vol.1では、種家のルーツに始まり、大学受験までを語っております。
vol1_1

ロング・インタビューはこちらから


種ともこ 30thイヤー!スターティング・イベント ~ 30年いっしょに、ねっ!

種ともこデビュー30周年を記念した、秘蔵写真などの展示、映像上映、トークショーなどの、30周年イヤー!スターティングイベント「種ともこCafe」及び「種ともこ記念トークショー&チャリティーオークション」を、3/31(木)から4/2(土)の期間内で、駒沢大学駅徒歩1分にあるイベントスペース<エムズ・カンティーナ>にて開催いたします。是非!この機会にあなたが知らなかった種ともこに逢いに来てください。皆様のお越しをお待ちしております。
flyer

イベントの詳細はこちら


『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信開始

昨年10/21に発売されました種ともこの最新作『Love Song Remains The Same』のハイレゾ音楽配信(96kHz/24bit)が始まりました。種ともこが打ち立てた”金字塔”を高音質でお楽しみになりたい方は各ハイレゾ配信サイトへGO!

主なハイレゾ配信サイト
mora
e-onkyo music
VICTOR STUDIO HD-Music
OTOTOY
groovers


『Love Song Remains The Same』ハイレゾ音楽配信記念 座談会

2015年10月発売の種ともこの最新アルバム『Love Song Remains The Same』のハイレゾ音楽配信(96kHz/24bit)が1月27日から始まりました。
デビュー30周年イヤー企画の第一弾、さらにキャリア初となるハイレゾ配信を記念して、種ともこ本人と同作品をともに作り上げた共同プロデューサーの菅原弘明、ミキシング・エンジニアの松本大英両氏がCDとハイレゾ音源とを聴き比べながら行った座談会の模様をここに掲載致します。
座談会の記事はこちら


《種ともこ デビュー30周年企画第1弾》
『Love Song Remains The Same』高音質音楽配信(ハイレゾ音楽配信)決定!!

love_song_remains_the_same_x250_

2015年10月21日に発売されたばかりの”恋愛三部作”完結編『Love Song Remains The Same』。種ともこ本人が「金字塔」と断言する絶対的自信作の(ハイレゾ音楽配信)(24bit/96kHz。通常CDは16bit/44.1kHz)が決定しました!

配信開始日は2016年1月27日の予定。配信サイト等の詳細は追ってお知らせ致します。どうぞご期待下さい。


PAGETOP
Copyright © 種ともこ Official website All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.